新車の購入ではこれまで乗っていた車を下取りに出して購入費用の足しにする人がほとんどですが、急遽車の利用方法が決まるなどで取りやめたいと言うケースも出てきます。家族が乗るために使用するなどのケースがありますが、契約前であれば取りやめることは問題なく可能となります。しかし契約後は難しいケースもあるため、販売店の裁量次第になると言えます。新車の購入では値引きが関係するケースもありますし様々な手数料や諸費用などでカバーするなど、複雑な部分が多いことから無料で取りやめることは難しいケースが多いと言えます。下取りは値引きの一部としても機能していますので、契約後に下取り車がなくなった場合には販売店の利益に絡む部分で問題が出てくるのです。もちろんですが契約後に取りやめが可能であっても差額分は支払う必要がありますので、その点に関しては注意が必要です。また値引き扱いで下取り額を上乗せしている場合には、上乗せ分を加算されてしまうケースも出てきます。下取りは新車購入契約の中で行われるものですから、契約の解除に関しては一方的にキャンセルで来ないのが普通です。販売店が承諾すれば問題はありませんが、それまでの見積条件とは同じにはならないケースも出てきます。